「G-netが考える「人が集まる」まちづくり  日本一チャレンジにやさしいまちを目指して」 Focusオンラインセミナー #7.-NPO法人G−net(岐阜県)-

「G-netが考える「人が集まる」まちづくり 日本一チャレンジにやさしいまちを目指して」 Focusオンラインセミナー #7.-NPO法人G−net(岐阜県)-

【テーマ】
「G-netが考える「人が集まる」まちづくり ~日本一チャレンジにやさしいまちを目指して」

【日時】

2020年7月30日(木) 19時~20時30分

【企業紹介】

設立:2001年

本拠点:岐阜県岐阜市

事業内容:社会教育、まちづくり、経済活動の活性化、職業能力・雇用機会

NPO法人G-netは、地域へ愛着をもち、地域課題の解決に主体的に取り組んでいく人材育成を通して、地域活性化に取り組んでいる。

単なる就業体験に終わらず「社長の右腕」としてプロジェクトを任せる「実践型インターンシップ」を通して、熱意ある若者と、魅力的な企業経営者をつなぎ、若者にとっては成長の機会を、そして地域の中小企業には事業加速と人が育つ組織への変革の機会となるようコーディネートを行っている。

NPO法人G-net(ジーネット)は岐阜を中心に、地場産業・伝統産業・まちおこしなどの長期実践型インターンシップをご紹介します。
gifist.net

【登壇者プロフィール】

南田 修司 氏 NPO法人G-net 代表理事/内閣府地方創生インターンシップ推進研究

1984年、奈良生まれ。奈良学園高等学校、三重大学大学院教育学研究科修了。

09年に新卒でNPO法人G-netに加入し、副代表、共同代表を経て17年より代表理事に就任。

中核事業である長期実践型「ホンキ系インターンシップ」は地方都市初の本格的事業化に成功し、政府による複数の表彰や全国で採用される高校「政治経済」教科書でも紹介されている。また、13年には、中小企業の右腕人材に特化した新卒就職採用支援事業「ミギウデ」をスタート。

18年には、蓄積したインターンシップのコーディネートノウハウを活用し、兼業・プロボノ人材のコーディネートに特化したマッチングプラットフォーム「ふるさと兼業」を立ち上げた。

その他、大学教職員向けの研修や、カリキュラムの共同開発など、地域と人材を多様な形で繋ぐ仕組み作りを進めている。